声優になるには…経験者によるオーディション対策日記

元声優の卵による、トレーニング法やオーディション対策を更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

声優になるには発音とアクセントを正せ!

■声優になるには発音とアクセントを正せ!

発音・アクセント


声優は、正しい発音とアクセントでなければなりません。
役によっては、関西弁だったり、英語訛りだったりという
設定がある場合もありますが、基本は標準語です。

セリフやナレーションを正しい標準語で発音できなければ、
仕事は来ないと言っても過言ではありません。

幼い頃からのイントネーションを正すのは大変だとは思いますが、
今のうちから、正しい発音を学んでおきましょう。




■声優になるにはアクセント辞典が必須!

声優を志すなら、アクセント辞典は必ず持っておいて下さい。
学校や養成所によっては、レッスンで使うこともあります。
単語の正しい発音やアクセントが載っている辞書なので、
台本を読む時は、必ず引くようにクセを付けましょう。

ちなみに、上の写真の辞書は私の愛用書です。
この新明解の日本語アクセント辞典ともう一つ、NHK日本語発音アクセント辞典
この2冊がお薦めです。講師の方からもこの2冊のどちらかを薦められると思います。



■地方出身者だけじゃない!標準語圏出身者も要注意!

地方出身者の方に訛りがあるのはもちろんなのですが、
標準語圏出身者の方も正しい発音が出来ていないことがあります。
それぞれ、お家での独特な発音やイントネーションがありますので、
どこの出身者でも注意が必要です。

アクセントがおかしいと、音響監督さんにも悪いイメージを与えてしまいます。
(音響監督さんに悪いイメージを持たれてしまうと、
次の作品には呼んでもらえなくなったりもします(泣)。)

発音アクセント無声音鼻濁音と、1つの単語でも
たくさんのチェックポイントがありますので、
台本を貰ったら、必ずアクセント辞典を引く!
これはどこの出身者でも鉄則です!!




応援よろしくお願いします!
1日1クリックして頂けると嬉しいです(*^^*)



にほんブログ村

声優志望 ブログランキングへ

| 正しい発音・アクセント | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seiyuninaruniwa.blog.fc2.com/tb.php/39-10764f26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。