声優になるには…経験者によるオーディション対策日記

元声優の卵による、トレーニング法やオーディション対策を更新中です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

声優になるには笑う演技の練習をしよう!

■声優になるには笑う演技の練習をしよう!

笑う演技


みなさんは、普段よく笑ってますか?
嬉しいことがあって笑ったり、面白いことがあって爆笑したり、
失敗して思わず苦笑いしたり、馬鹿だな~…なんて思って鼻で笑ったり、
いろんな場面で笑うことがありますよね?


でも、もしそれを演技でやってみせてと言われたら、
いつものように自然に笑うことはできますか?

普段は自然に笑っていても、「よし!笑うぞ!!」と意識してしまうと、
誰でもぎこちなくなってしまうものです。


プロの声優さんでも、笑う演技が苦手な方って結構多いんです。
養成所でも、演技は上手いのに、笑いだけは上手く出来ないって生徒さんをよく見ます。
笑いとは、それだけ難しい演技ですので、
今からしっかり練習してマスターしましょう。




■どんな"笑い"がある??

笑いって、考え出したらキリがないくらいバリエーションがありますよね。
全ての状況や役柄を想定して練習・・・なんて無謀すぎるので(笑)、
まずは、基本の7つの笑いをマスターしましょう!

①微笑み  (口元がやや緩み、目線が優しくなる。歯は見せない。)
②小鼻笑い (歯が少し見えるくらい開ける。)
③忍び笑い (呼吸が弾み始め、クックックッと息が漏れる状態。)
④笑い   (声になってくる。ハハハなど、普通の笑い。)
⑤中笑い  (息が長くなり、繰り返し笑い出す。)
⑥大笑い  (横隔膜を激しく振動させ、身体全体で笑う。)
⑦狂い笑い (字のごとく、狂ったように、壊れたように笑う。)



*ポイント*
・声優は、演者の表情は見せないので、声だけでどの笑いか分かるように、
 しっかり違いを出す。
・④以降の笑いは、おなかにしっかり力を入れないと出来ません。
 腹式呼吸を思い出してやってみましょう。
・⑦の笑いは、お腹から笑うのはもちろんですが、
 身体のいろんなところから笑い出すイメージで笑う。
 そうすることによって、様々な音や声、リズムで笑うことが出来る。


この7つの笑いをマスターすれば、演技の幅も結構広がると思います。
あとは、役や状況によって変化を付けてみましょう!



応援よろしくお願いします!
1日1クリックして頂けると嬉しいです(*^^*)



にほんブログ村

声優志望 ブログランキングへ

| 笑いの演技練習 | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seiyuninaruniwa.blog.fc2.com/tb.php/41-19643890

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。